ローンや残債の残っている車の車査定

車のローンが残ってる場合、車検証の所有者欄を確認すると、販売店名もしくは信販会社の社名が記載されています。
この時点では車はあなたの所有物ではありません。ですから自由に愛車を売却することは難しいです。
もし売却されたいならローンの残債をゼロにする必要があります。残債ゼロになった場合、所有者欄はあなたの名義となるためいつ売却しても問題ありません。
また残債が少額になってきた場合、お車を売却することで残債金額をゼロにすることができます。
というのは相殺という形をとることになります。
確かに車を売った代金を次の車の購入の際の頭金に充てることはできません。
しかし、残債金額と相殺させることによって、残債をなくして売却することは中古車市場でまかり通っているんです。
このことから車査定にかけること自体はなんら問題ないことがわかりました。
ただネット査定を受ける際に車の車検証の所有者欄については厳しく業者さんから追及されることがあります。

 

というのも残債の金額と買取価格が相殺できなければ、残った残債金額の返済義務が買取店に移行してしまうからです。
ですから残債金額が残っている場合のネット査定ではローン会社と販売店、あなたの3者間での売却となりややこしく審査は厳しいものとなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ